武士は食わねど高楊枝

家族との日常を綴る

墓前にて

少し前、子供達の春休みを利用して

私と子供2人と実父の4人という摩訶不思議なメンバーで山梨へ旅行に行った。


何故山梨かというと母方の祖母のお墓があるから。って実子の母はどーした。


ま、それはおいおい。


お墓参りを無事に済ませ、丁度昼時だったので名物のほうとうでも〜☆って考えてたら娘からまさかの「ガスト」コール。


へ❓一泊旅行のこの貴重な一食にガスト選択しちゃう❓自宅の直ぐ側にもあるあのガストに❓

家にいるときは「ガスト行きたい」なんて言わないのにね。


実父はよし来た‼️とばかりに孫娘のオーダーを遂行。何でも大風呂敷の実父にこれまた乗せられて、車買い替えたよ〜っつってたのに、実は会社でリースしてたセレナに乗り込んで。


未だ父の言葉を真に受けてしまう33歳の春。


「旅行なんだから好きなもの食べなさい」って。ガストでなくても‥ 


子供ら、何を注文したか忘れたけど、二進も三進も箸が進まない。あんな即答でガスト熱望したのに。ほうとう諦めたのに‼️メニュー選んでる時の熱意は何処へ行った⁉️



思い起こす事30分前。

墓前にて、何事も大盤振る舞いが癖の父が並べた供え物を頬張る子供ら2人。

祖母のお墓は山間にあり、カラスが集まってしまうので供え物は置いて帰らない決まりがある。


お墓に行く前に近くのスーパーで父が買い揃えたのは、デッカいバナナ、イチゴ、ドライフルーツ←なんで‼️ 、和菓子(生)、歌舞伎揚←これは仏壇でいいんじゃないかい❓ペットボトルのお茶。   


を、墓前にて全て開封。頬張る子供ら2人。

大体食べ尽くしてた。今が一番お腹空いてる時間だものね。


そりゃガストで料理目の前に、子供らも目が泳ぐよね。 自分の胃袋の調子なんてまだわからんもんね。


と言うわけで、旅行最初の食事は失敗に終わる。