武士は食わねど高楊枝

家族との日常を綴る

足して2で割る

今日は娘の小学校の懇談会だった


担任の先生は50代のベテラン男性教師。

話も面白く、こちらが聞きたい事も大方わかって話を進めてくれるので、こちらも自然と先生の話に集中し、レジュメにメモを熱心にとる。


先生の話が夏休みの宿題に及んだ時、私の状況は一変する。


理科の宿題で『夏の星座の観察があります』


とな‼️


あぁ〜〜思い出す。

かれこれ20数年前、私たち姉妹が幼い頃にもそれはありました。まだあるんだぁ星の観察。


あの頃の記憶が頭を駆け巡り、私を切なくさせる。

もうその後の先生の話は私の耳には入る事なく、懇談会は進んでいった。


私とは性格が真反対の姉。

あの夏の夜、それはそれは真面目に星の観察に取り組んでいました。


夏の夜空を見上げて、星座早見表なるものと、方角を合わせて、1時間おきに観察し星座の動きを書き込んでいくもの。

数時間観察を終えると、星座全体が弧を描くように動いていく様子がみてとれる。


とれる、ハズだった。


数回目の観測時間を迎えた夜の8時ごろ、外に出た姉のすすり泣く声が聞こえる。な、泣いてる。


母『どうしたの❓』


姉『曇っちゃって星が見えない』


私『⁉️』


母『次の観測時間に記録したのとさっき記録したのと        

         の間に書き込んでしまいなさい。』


姉『⁉️』     

      『そんな事出来ない』


3つ年下の私は夏休みの宿題に1つも手を付けてないという次元だったし、私なら母のやり方に速攻で従っただろうな。


でも産まれてこの方何事も真面目に取り組み、曲がった事は大嫌い、加えて頑固一徹な姉はそんな提案を微塵も受け付けず、突っぱねた。


ここから姉の悲しみは母の大人あるあるなやり方に対する怒りへと変わっていった。


明日の朝、登校する時に付けていく名札が何故か無くなってしまい『名札が無い』と泣いていた姉。


一方で、名札が毎日付いている事が稀な私。


姉にはもっと肩の力を抜いて生きていって欲しい。


いや、逆にたまには肩に力入れて生きろや!な私。


2人を足して2で割ったら丁度いい塩梅の性格と体型になれただろうね!

ルーズソックスとジレ

先日お財布に優しいしまむらでスカートを色ち買いした時、実はジレもね、試着したんですよ。


大好きな榮倉奈々ちゃんがジレ着てて、めっちゃカッコ良くて。


ジレを着た自分を鏡で見てね、ルーズソックスが流行りだした中学校時代の事が走馬灯の様に蘇りました。


ルーズソックスって脚長効果があるってもっぱらの評判で。割と優等生タイプだった姉も履いてましたよ。

そりゃねスラリとした脚の人が履けば何でも似合うだけで。脚長効果があったかどうかはともかく、学校行けばみーんな履いてた。


もちろん私も履きました。

したら六つ上の兄が


「何それ ブロディー❓」


とな。


ブロディーって知ってますか?その昔、プロレスがまだ全盛期だった頃活躍していたレスラー


右の方



                 f:id:zero-555:20170502110637j:plain          





そりゃね、ゴム無しっていうタイプを着用してたってのもあるのかな。


家族はね、無遠慮に言うよね。


それを何故思い出したかと言うと、


そうそうジレを試着した自分を見て


「何これ  ハンセン?」って思ったから。

速攻脱いだよね。光の速さで。


ハンセンも時を同じくして活躍していたレスラーだった。

右側の方


f:id:zero-555:20170502111041j:plain




この2人を1人で体現しちゃってたら街歩けないわ






その名も「フィッシュテール」

先日の主人の言葉を受けて探しましたよ。そりゃぁもう何回試着してんのあの客って目で見られながら。


今季は素晴らしいデザインのスカートが出てるんですね。その名も「フィッシュテール」

膝下の長めの丈で、後ろにかけて長くなるデザイン。

33歳にして下がり始めた膝小僧も、浮腫みがちなふくらはぎも、見事に隠してくれる。もちろんメインの太ももも。


洋梨型のデブに優しいスカート。


締まって見えるカーキと、派手さに目が行く目眩し作戦が出来る辛子色を色ち買いで☆


「体型別パンツの選び方」みたいなファッション雑誌も読んでみたけれど、あっちもこっちもムチムチの足腰にはどれも対応不可!な感じだったので、もうパンツは履かないよ!パパ。これからはスカートで生きて生きます!


UNIQLOで買ったばかりの部屋着、内腿の辺りにすぐ毛玉発生。

「あーこりゃ不良品だわ」つったら、かなりの間の後


「‥‥‥‥だね❗️」って。


お前の足が太いからだよ!っていう本音は飲み込む優しさはあるけど、


「今度の誕生日にエアロバイク買ったげるね!」

っていう違う角度からは攻め入ってくるよね。

墓前にて

少し前、子供達の春休みを利用して

私と子供2人と実父の4人という摩訶不思議なメンバーで山梨へ旅行に行った。


何故山梨かというと母方の祖母のお墓があるから。って実子の母はどーした。


ま、それはおいおい。


お墓参りを無事に済ませ、丁度昼時だったので名物のほうとうでも〜☆って考えてたら娘からまさかの「ガスト」コール。


へ❓一泊旅行のこの貴重な一食にガスト選択しちゃう❓自宅の直ぐ側にもあるあのガストに❓

家にいるときは「ガスト行きたい」なんて言わないのにね。


実父はよし来た‼️とばかりに孫娘のオーダーを遂行。何でも大風呂敷の実父にこれまた乗せられて、車買い替えたよ〜っつってたのに、実は会社でリースしてたセレナに乗り込んで。


未だ父の言葉を真に受けてしまう33歳の春。


「旅行なんだから好きなもの食べなさい」って。ガストでなくても‥ 


子供ら、何を注文したか忘れたけど、二進も三進も箸が進まない。あんな即答でガスト熱望したのに。ほうとう諦めたのに‼️メニュー選んでる時の熱意は何処へ行った⁉️



思い起こす事30分前。

墓前にて、何事も大盤振る舞いが癖の父が並べた供え物を頬張る子供ら2人。

祖母のお墓は山間にあり、カラスが集まってしまうので供え物は置いて帰らない決まりがある。


お墓に行く前に近くのスーパーで父が買い揃えたのは、デッカいバナナ、イチゴ、ドライフルーツ←なんで‼️ 、和菓子(生)、歌舞伎揚←これは仏壇でいいんじゃないかい❓ペットボトルのお茶。   


を、墓前にて全て開封。頬張る子供ら2人。

大体食べ尽くしてた。今が一番お腹空いてる時間だものね。


そりゃガストで料理目の前に、子供らも目が泳ぐよね。 自分の胃袋の調子なんてまだわからんもんね。


と言うわけで、旅行最初の食事は失敗に終わる。


参鶏湯

産後の女性や貧血体質の方にもってこいの参鶏湯


スーパーでたまに売ってる鶏ガラを使用。

今回は鶏ちゃんにロングネックが付いたままで。


ちょれーつって鍋に投入。


皮を剥いただけのニンニクや、棗、もち米。

クコの実や栗なんかも入れたかったけど買い置きが無かったので省略。


代わりにってば何だけど、蒸し大豆を作ろうと水で戻しておいた大豆も2掴み。

それから本来は何処で使うのか、お洒落キッチン目的で買った乾燥ポルチーニを此処ぞとばかりに2掴み入れてみた。


味付けは焼酎仕立てのみりんと醤油を少し。


後は丁寧に灰汁を取りながらコトコトと弱火で1時間。


実際は子供達とトランプをやりながら片手間で1時間。


本来は2、3日弱火でじっくり煮込んで作る物なので、1時間で、しかも有り合わせで仕上げた時点で出来映え点は想像がつく。

母譲りの行き当たりバッタリ、やっつけ料理。


ひと昔前、ブームに乗っかって買ったティーマのシリアルボウルに盛り付け、なぜか刻み海苔を申し訳なさ程度に振りかけ、子供らに出す。


子供達、悶絶。  悪い方のね。


長女四年生「醤油と生卵で本来の味を抹殺」

長男年少 「トランプで遊び始める」


さて、もう直ぐ帰宅の相方はどんな反応かなぁ☆


昨夜の主人との会話

菊川怜が結婚したって。ショック」

 

お菊さんが好きだったなんて初耳だ。

 

何処が好きなの❔

 

「だって頭いいでしょ」

 

それって小学生とかが、〇〇君足速いから好き❤️

 

的な。

 

ちなみに妻の私の事は

 

ベイマックスみたいで好き」との事

 

わしゃ洋梨型のデブか

 

今晩玄関のチェーン掛けといたろか

 

 

HK自己紹介

家族やご近所さんとの日常を綴ります。


笑える話を中心に書き溜め、自費で書籍化【⁉︎】して子供達に形見として残すのが目標です。


                   f:id:zero-555:20170502115312j:plain


【お願い】

加藤ハイネさんのブログ、群ようこさんのエッセイ、湊かなえさんの小説、伊藤理佐さんの漫画が好きな為、表現や言葉遣いが似通う事もあるかもしれませんので、ご承知おきください。